日常生活で役に立つちょっとした知恵やコツ、知ってると便利な情報のあれこれをご紹介

あれこれ ホントのところ

東京観光

【東京観光 ホントのところ】中野ブロードウェイ~多種多様なマニアが集うニッチなスポット

投稿日:

秋葉原は数十年前から「電気街」として
他のエリアよりも家電製品を扱う店舗が
数多く集まっていて、日本製の電化製品を求める
外国人観光客で賑わっていた街でした。
東京観光秋葉原2
パソコンやゲームが普及しだした17,8年前からは
秋葉原の町も徐々にシフトチェンジ。
「電脳」系のファン、マニアをターゲットにした
店が増え、電脳マニアの聖地として
人気を博すようになってきました。

外国人観光客にとっての人気スポットであることには
今も昔も変わりはありませんが・・・。
東京観光秋葉原1

スポンサーリンク

そんな秋葉原と同じようなスタンスでありながら
秋葉原以上に多岐にわたるマニアを集めているのが
中野ブロードウェイです。
東京観光中野1
東京観光中野2
中野ブロードウェイはJR中野駅の北口にある
アーケードの商店街「サンモール」を5分ほど
歩いた突き当たりにある商業施設。
地下1階から4階までの5フロアに渡って
様々な専門店、マニアショップが店舗を構えてます。

きっかけは漫画専門店

ブロードウェイが現在のようなスタイルになっていった
きっかけといえるのが現在もブロードウェイで
営業している漫画専門店の「まんだらけ」。

今では漫画の本だけではなく、コスプレショップや
フィギュア専門店、アニメショップ、鉄道模型専門店、
ミニカーショップ、同人誌専門店etc.と
20以上のマニア専門店を店舗展開してます。

さらに様々な専門店が!

「まんだらけ」の系列店以外の専門店もブロードウェイには
いろいろあります。
中古のCDショップ、かつては収集する趣味の王様だった
コインや切手の専門店、ジュエリー・宝石の専門店もあります。
また、2階にあるCD店は演歌専門に取り扱っていて、
ブロードウェイならではのお店といえます。
東京観光中野3

ブロードウェイ以外でも中野では

中野駅とブロードウェイのちょうど中間あたりの
路地を入ったところにある蕎麦屋さん「さらしな」では
カウンターの客席がガラス張りの蕎麦打ち場を
囲むように設置され職人が蕎麦打ちをする
姿を目の前に蕎麦を食べることが出来たり、と
日本文化の象徴ともいえる蕎麦食の文化に触れることも
出来ます。
東京観光中野蕎麦
外国人観光客だけじゃなく、他県から
東京に遊びに来た友人を連れて行っても
喜ばれそうなスポット、それが中野ブロードウェイです。

スポンサーリンク

-東京観光
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© あれこれ ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.