日常生活で役に立つちょっとした知恵やコツ、知ってると便利な情報のあれこれをご紹介

あれこれ ホントのところ

七夕 季節の風物詩 日本の習慣

全国各地で様々な形式で開催される「七夕まつり」をピックアップ☆彡

投稿日:2017年6月21日 更新日:

7月7日といえば七夕様。
幼稚園や学校では笹飾りを作り、
それぞれに願いを書いて短冊を飾ったり、
日本の夏に欠かすことができない
季節の風物詩となったイベントです。

学校以外でも近所の商店街や駅などの
大きな規模で七夕様を行うところも
少なくありません。

今回は、そんな北は北海道から南は沖縄まで
日本全国で行われている「七夕まつり」の
いくつかをピックアップ。
それぞれの特徴や開催日を紹介します。

スポンサーリンク

◎第63回おびひろ広小路七夕まつり

北海道で最大規模を誇る七夕まつりで
仙台から取り寄せた竹に、各商店や市民参加の
皆さんが作る七夕飾りが帯広広小路商店街の
アーケードに飾られます。
開催日:2017年8月4日(金)~8月7日(月)
会場:帯広広小路商店街
問い合わせ:帯広広小路商店街振興組合 
TEL:0155-23-5675
▲目次にもどる

◎八戸七夕まつり

昭和20年代後半に始まった七夕まつりで、
当初は8月上旬に行われてましたが、昭和35年頃に
三社大祭の開催が9月から8月の上旬となったために
七夕まつりも7月開催に移行したといわれているそうです。
開催日は7月中旬から下旬の4日間、とのことで
2017年の開催日は7月14日から17日。
同時に八戸七夕まつり飾りつけコンクールも開催されます。
開催日:2017年7月14日(金)~7月17日(月)
会場:八戸市中心街(三日町、十三日町は交通規制で車両通行止め)
問い合わせ:八戸商工会議所内 
TEL:0178-43-5111
▲目次にもどる

◎仙台七夕まつり

tanabata-sendai2

仙台七夕まつりは青森ねぶた祭、秋田竿燈まつりと並んで
東北三大祭りの1つであるとともに、
湘南ひらつか七夕まつり、安城七夕まつりと仙台七夕まつりで
日本三大七夕まつりとされている日本を代表するお祭り。
毎年8月の6日から8日までの3日間の開催で200万人以上が
訪れる注目のイベントです。
2017年は開催初日に当たる6日が日曜なので初日から
多くの人出が予想されます。
七夕まつりの前日の5日には「第48回仙台七夕花火祭」も
開催されて七夕に彩りを添えます。
開催日:2017年8月6日(日)~8月9日(水)
会場:仙台市中心部および周辺商店街。笹飾りは仙台駅前から中央通り、
一番町通りのアーケード街にかけて。ステージイベントや出店、
短冊記入コーナーのおまつり広場は勾当台公園市民広場。
前日に開催される「花火」の会場は仙台西公園周辺。
問い合わせ:仙台七夕まつり協賛会(事務局:仙台商工会議所)
TEL:022-265-8185
▲目次にもどる

◎前橋七夕まつり

北関東で最大級の七夕まつりとして昭和26年から開催されてる
イベントです。開催日は毎年7月の第一月曜日の3日後に当たる
木曜日から日曜までの4日間。
ゆかたを着て商店街でお買い物をするとお得なサービスを受けられる
「ゆかたお得マップ」の配布や、ゆかたのコンテストなど
前橋七夕ならではの、ゆかたに関連したイベントも実施されます。
開催日:2017年7月6日(木)~7月9日(日)
会場:前橋市中心市街地・市内一円
問い合わせ:前橋商工会議所 商業振興課
TEL:027-234-5109
▲目次にもどる

◎入間川七夕まつり

狭山市入間川七夕まつりは千葉の茂原、神奈川の平塚と合わせて
関東三大七夕祭りのひとつに数えられる祭りで、開催日は
8月の第1土曜日とその翌日の日曜に開催されます。始まりは
江戸時代中期から、と仙台七夕に次ぐ歴史を持つイベントになります。
初日となる土曜日には入間川の河川敷から花火を打ち上げる
納涼花火大会も同時開催され、露店も登場し多くの人で賑わいます。
開催日:2017年8月5日(土)~8月6日(日)
会場:狭山市駅西口・市民広場から七夕通り商店街を中心に
約1.5キロメートルの沿道
問い合わせ:環境経済部 商業観光課
TEL:04-2953-1111
▲目次にもどる

◎茂原七夕まつり

7月の下旬の金土日の3日間開催される茂原七夕まつりは関東三大
七夕祭りのひとつに数えられるイベントで、1955年に第1回目が
開催されました。土曜日には「もばら阿波おどり」が、日曜日には
「YOSAKOI鳴子おどり」も同時開催され、千葉県内のみならず、高円寺や
南越谷からも「連」が参加し祭りを盛り上げてくれます。
開催日:2017年7月28日(金)~7月30日(日)
会場:茂原駅周辺
問い合わせ:茂原商工会議所内、茂原七夕まつり実行委員会
TEL:0475-22-3361
▲目次にもどる

◎阿佐ヶ谷七夕まつり

tanabata-asagaya1

昭和29年に第1回目が開催された阿佐ヶ谷七夕まつりは、
以前は7月7日から月遅れとなる8月7日を中日にして5日間という
スケジュールで開催されていましたが、年度によっては土日が
含まれなくなってしまう為に第60回目の開催となった2013年に
日程が見直され、「8月7日と土日を含んだ5日間で開催」される
ようになりました。また、以前は駅前の南口のアーケードが
メインの会場となっていたのがエリア拡大。阿佐ヶ谷駅周辺の
すべての商店街が参加して、一大イベントとして行われるように
なりました。
開催日:2017年8月4日(金)~2017年8月8日(火)
会場:阿佐谷パールセンター他駅周辺の商店街
問い合わせ:阿佐谷パールセンター事務局
TEL:03-3312-6181
▲目次にもどる

◎福生七夕まつり

67回目の開催となる2017年の福生七夕まつりの開催日は
8月3日から6日までの4日間。福生七夕まつりから誕生した
竹(飾り)の妖精、「たっけー」は「ゆるキャラグランプリ」
にもエントリーしている人気者。「願いが叶う」と話題の
「たっけー☆☆ハイタッチ」は福生の七夕まつり
ならではの楽しみの一つになってます。
開催日:2017年8月3日(木)~2017年8月6日(日)
会場:福生市銀座通り、福生駅西口通り、栄通り
   福生市役所・丘の広場
問い合わせ:福生七夕まつり実行委員会
TEL:042-551-1511(福生市役所)
2017tanabata-fussa

▲目次にもどる

◎湘南ひらつか七夕まつり

戦後の「復興まつり」から始まった「湘南ひらつか七夕まつり」は
国内の各地で開催される七夕まつりの中でもトップクラスの動員数を
誇る人気のまつりです。開催日程は、「7月の第一金曜日から3日間」
という事で、2017年の開催は七夕の日と重なる7月7日から9日まで。
七夕の日に重なるという事で今年は例年以上に多くの人で
賑わうことが予想されます。
開催日:2017年7月7日(金)~2017年8月9日(日)
会場:JR平塚駅北口商店街を中心とする市内全域
問い合わせ:湘南ひらつか七夕まつり実行委員会
      (事務局:平塚市役所商業観光課)
TEL:0463-35-8107
▲目次にもどる

◎高岡七夕まつり

日本海側の地域随一の規模で開催される高岡七夕まつりの
開催日程は、毎年8月1日から7日までの1週間。
七夕飾りはもちろん、ライブイベントや民謡のど自慢大会、
ストリートバスケット等、地域一帯で七夕を楽しむことが
できます。
開催日:2017年8月1日(火)~2017年8月7日(月)
会場:高岡中心市街地
問い合わせ:高岡七夕まつり実行委員会
TEL:0766-20-0555(末広開発)
▲目次にもどる

◎清水七夕まつり

昭和28年に第1回が開催された清水七夕まつりは
「清水巴川灯ろうまつり」、「清水みなとまつり」と共に
清水の夏を彩る三大祭りの」一つになります。清水の街は
「ちびまる子ちゃん」の作者である漫画家のさくらももこさんが
生まれ育った町であることから、七夕飾りにも数多く
ちびまる子ちゃんが登場します。
開催日:2017年7月6日(木)~2017年7月9日(月)
会場:駅前銀座アーケード街~清水銀座商店街
問い合わせ:清水七夕まつり実行委員会
TEL:054-353-3401
▲目次にもどる

◎おりもの感謝祭一宮七夕まつり

昭和31年に第1回目が開催された一宮七夕まつりは、同地が織物で知られた
都市であり、七夕祭りも織物と因縁の深い牽牛・織女にちなんだ祭り、
「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」として開催される一宮市民の、
夏最大のイベント。開催日は7月の最終日曜日をフィナーレとする
木曜日からの4日間。まつりの当日は豪華な飾り物に加え、よさこい踊りの
パレードや盆踊り大会等のイベントも盛りだくさん。ミス七夕・ミス織物による
チャリティーサイン会も行われます。
開催日:2017年7月27日(木)~2017年7月30日(月)
会場:一宮市本町アーケード内を中心に市内一円
問い合わせ:おりもの感謝祭一宮七夕まつり協進会事務局
(一宮市経済部経済振興課内)
TEL:0586-28-9131
▲目次にもどる

◎安城七夕まつり

安城七夕まつりは「市民参加」を基本理念に、「願いごと、日本一。」を
目指して開催される、イベントになります。「短冊」のみならず様々な
願いごと関連のイベントが企画されているのが安城の七夕祭りの
特徴になります。日本一長いとされる竹飾りストリートに短冊の数は
圧巻です。
開催日:2017年8月4日(金)~2017年8月6日(日)
会場:JR安城駅周辺
問い合わせ:安城七夕まつり協賛会(安城商工会議所)
TEL:0566-76-5175
▲目次にもどる

◎山口七夕ちょうちんまつり

山口七夕ちょうちんまつりは、室町時代に大内盛見がお盆の夜に
先祖の冥福を祈るため、笹竹の高灯籠に火を灯したのが始まりとされる、
長い歴史を持つ行事になります。現在の名称になったのは昭和54年からで
日付けは8月6日、7日に固定しての開催。当日はちょうちん山笠と、
紅提灯で飾られた神輿が山口駅周辺を練り歩きます。
開催日:2017年8月6日(日)~2017年8月7日(月)
会場:山口駅中心商店街、パークロード、竪小路周辺
問い合わせ:山口市ふるさとまつり実行委員会(山口商工会議所)
TEL:083-932-3456
▲目次にもどる

◎大分七夕まつり

祭り初日に「府内戦紙(ふないぱっちん)」と呼ばれる武者姿や
昇り龍をかたどった勇壮でダイナミックな照明入りの山車が
イベントのメイン会場となる48万人の広場を練り歩く、
大分七夕まつりは毎年8月第1週の金曜日から日曜日までの
3日間の開催。最終日には「大分合同新聞納涼花火シリーズ 
大分合同新聞花火大会」も開かれます。
開催日:2017年8月4日(金)~2017年8月6日(日)
会場:大分市中央通り祭り広場、市内中心部
問い合わせ:大分市まつり振興会事務局
TEL:097-537-5959
▲目次にもどる

【関連記事】
七夕祭りのホントのところ☆彡由来と起源をわかりやすく解説!

スポンサーリンク

-七夕, 季節の風物詩, 日本の習慣

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© あれこれ ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.