日常生活で役に立つちょっとした知恵やコツ、知ってると便利な情報のあれこれをご紹介

あれこれ ホントのところ

腹筋運動

【腹筋運動 ホントのところ】頻度は?強度は?効果は?注意点は?

投稿日:2016年9月8日 更新日:

まずは腹筋運動の頻度について考えてみた

腰痛予防に腹筋運動は有効なの?

腰痛を予防するために毎日、腹筋運動をやってらっしゃる方は
結構、大勢いらっしゃるかと思います。
また、『腰痛を予防するために腹筋を毎日鍛えなさい』という
アドバイスを言われたことがある方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

このアドバイスにより、腹筋運動を毎日実践しているにも拘わらず、
腰痛に悩まされ続けている人も大勢いらっしゃるようです。

また、別の表現になりますが、
「腹筋は他の部位の筋肉と違って回復が早いので
腹筋は毎日鍛えても良い」という事もかつてはしょっちゅう耳にする
フレーズでした。

ここでは、毎日行う腹筋運動は腰痛予防になるのか?
腹筋運動は毎日行っても良いのか?について考えてみたいと思います。
腹筋イメージ4

腹筋運動を毎日やるか否か?その頻度について

腹筋に限ったことではありませんが
ある筋肉をどれくらいの頻度で鍛えるかを考えるときに
忘れてはいけないことがひとつあります。それは、
どれくらいの強度でワークアウトを行うか?ということです。

一度のワークアウトを高強度でオールアウト(完全に疲労させてしまう)まで
追い込んで鍛えるのであれば、毎日行うのはかなり無理があります。
数日は継続できたとしても、オーバートレーニングに陥るリスクが
高まってしまいます。
腹筋イメージ3
逆に、一回のワークアウトで100回以上の腹筋運動を毎日行っても
なんともない、というのであれば逆に強度不足。部分的な有酸素運動としての
効果は期待できるかもしれませんが、筋肉の強化にはつながりません。

結論を言えば

腹筋を鍛える頻度を考えるならば強度も同時に考える必要がある、ということです。

ここでもうひとつ考えたいのは、
腹筋自体は大胸筋等のその他の部位の筋肉とは違い
筋肥大がそれほど期待できる部位ではない、という事です。

ですから、それほど高強度底回数で鍛える必要はない、ということになります。

たとえば腹直筋を鍛えるのであれば
週に2回程度に設定し、一度のワークアウトではオールアウトまで
追い込んで行うのが良いでしょう。

ある程度の期間行ったら強度を見直してメニューを
組み替えることも必要になります。

スポンサーリンク

-腹筋運動

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© あれこれ ホントのところ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.